株式会社共立電照 |乱反射LED共立・屋内照明灯・屋外照明灯

2018/06/27
植物工場実験施設「808MERA」植物工場新設計画記者会見

 米良企業グループの共立電機製作所(米良充典社長)、共立電照(船ケ山保幸社長)は、去る26日、弊社三高テクノホールに於いて、植物工場実験施設「808MERA」植物工場新設計画と宮崎大学と共同研究を行う計画を記者発表いたしました。

 高岡の工場内に国内最先端の実験施設を整備いたします。これは、宮崎大学様との共同研究で、栽培環境の最適化に取り組み、データの収集などを目的に実験に取組んでいきます。三高テクノ工場第2工場3階のフィールド試験場のスペース(460平方メートル)を利用し、栽培室3階建約100m2。発芽室2階建約32m2をそれぞれ整備。完全密閉型の無菌室を設置し、全室空調や湿度、二酸化炭素などのコントロールが可能にいたします。7月に工事に着手し、10月の完成。11月の供用開始を予定しています。弊社は、これまでにも他社の植物工場にLED照明を納入し、照度のむらや影をなくす乱反射技術に加え、波長や照らしを工夫することで、通常のLED照明だと40日ほどかかるレタスの生育期間を1週間ほど短縮できる技術を確立しています。もちろん特許も取得しています。また、宮崎大学様との研究の中で、作物の含有成分を光や水肥料、培養液などで調整をしながら、食事制限がある人にも提供可能な野菜づくりを進めていきます。

 11月から生産がはじまる工場では、約1ケ月で生育・出荷・販売を行います。障害者10名以上を含む計15名をあらたに雇用する方針です。

 米良社長は「農作物生産で豊富な知見をもつ、宮崎大学と研究をすることで、光だけではなく、たくさんのデータを収集し、高品質で低コスト、効率的な生育環境づくりを目指していきたい。また、障害者や高齢者が働きやすいようバリアフリー化する。国内には多くの植物工場ができているが、採算が合わないところも多いと聞く。大学と共同で研究することで、強みをいかし、地域社会にもっと貢献できれば」と抱負を述べています。

 写真は共同記者会見のもよう。挨拶する米良充典社長。計画概要の説明を行う船ケ山保幸社長。野菜工場808MERAが新設される第2工場フィールド。


 
| コメント (0) | トラックバック数 (0) | 閲覧数 (337)


新商品のお知らせ












共立電照のLED照明は、以下の有害物質を含んでおりません

この光が道路を照らす。災害に強い道(拠点)をつくる。目にやさしいLED乱反射技術。共立独自の放熱技術

防災防犯関連シリーズ
LED屋外照明灯ラインナップ
天の川 道路灯・歩道灯
天の川 トンネル灯
街の光 防犯灯
星の光 公園灯・駐車場・ローポール
星の光 投光器
星の光 看板灯
星の光 サービスステーション
恵の光 ソーラー充電式照明
まいど照
星の光 スポーツ施設
海桜
RGB・ライトアップ
LED屋外照明灯 導入事例
LED屋内照明灯ラインナップ
星の光 高天井
星の光 スクエア
星の光 ダウンライト・ブラケット
星の光 室内灯
星の光 蛍光灯
星の光 冷凍庫灯
きらめき きらめきシリーズ
調光システム
スポーツ施設
LED屋内照明灯 導入事例
コンテンツ
照明に関する基準
よくある質問
採用情報
ご質問とご要望はこちら
代理店様専用ページ

代理店をご希望のお客様へ
会社概要
【本社】 〒553-0001
大阪府大阪市福島区海老江5-1-1
さくら野田ビル4F
TEL:06-4256-8115
FAX:06-4256-8151
ISO14001取得しました
株式会社 共立電照
copyright(c)2012 株式会社 共立電照 All Right Reserved.