共立電照のお知らせ 




 


サンマリンスタジアム宮崎の電光掲示板が改築されることになり、弊社製のスコアボードが採用されました。
今年1月に設置工事も無事終了し、2月からの読売ジャイアンツのキャンプより供用を開始されています。
ジャイアンツのキャンプ観戦に来られた方々はお気づきになられたと思います。

このスコアボードの主な特長は、縦9メートル。横幅36メートル。4面のモニターがタブレット操作により簡単に映しかえることができるものとなっています。もちろんフルカラーで、映像の切り替えソフトも弊社で独自に開発し、システムの構築を含め、設計施工をさせていただきました。バックネット裏にサブスクリーンも合わせて納品させていただきました。

今期は宮崎市内で2月にキャンプを行っているオリックス球団の公式戦が開催されることが決定しています。
ぜひぜひ公式戦観戦の時に、新しいスコアボードにもご注目ください。

[米良新聞] 平成30年3月113号をアップしました。


[米良新聞] 平成30年1月111号をアップしました。

幣社製の街路灯が某市内を照らしはじめました。
デザインも街の雰囲気に合った製品になっています。




 

宮崎大学 地域デザイン講座が開設しました。

 宮崎大学 地域デザイン講座 キックオフシンポジウムが、去る10月30日、宮崎大学内の講堂で開催されました。今回のシンポジウムは、大学内に今回新設された地域デザイン棟の竣工とMERAcademy地域デザイン講座の新設をお祝いして開催されたものです。

 開所式には、戸敷宮崎市長、麻生泰九州経済連合会会長をはじめ多くの関係者が出席されました。また、シンポジウムではファシリテーターを河野宮崎県知事がつとめ、平野宮崎銀行頭取、池ノ上宮崎大学学長のお話をお聞きすることができました。

 地域デザイン講座とは、この建物を活用して学生、社会人向け各種講座、研修、セミナー等を開催運営していくものです。

 この理念に賛同しました弊社社長 米良 充典は、今回多額の寄付をさせて頂き、新設された地域デザイン棟の建築工事費用に活用していただきました。

 当日は、寄付者挨拶として、宮崎への郷土愛を持つ意味の重要性を踏まえ、地域デザイン講座設立の思いを熱く語りました。

写真は竣工した地域デザイン棟と開所式、挨拶及び講演を行う米良 充典社長です。


 

 

 

 


さんこうこどもえんでは、去る10月28日、秋の運動会を開催いたしました。

当日は、残念ながら台風の影響で天候が悪く、共立電機製作所の三高ホールに場所を移し、屋内で開催いたしました。

園児約30名ほどが参加、ご父兄も100名以上の方々が参加していただき、徒競走、ダンス、玉入れ、綱引きなど園児を中心にご父兄の皆さまが参加できる運動会となり、大いに盛り上がりました。

子供たちもですが、ご父兄の皆さまも親睦がはかれました。今後も子供たちを中心に家族参加型の事業を大いに取り入れていき運営に力を入れていきます。

写真は運動会のもようと挨拶を行う米良 充典社長です。

 

 

共立電照が製造・開発をした大型サイネージを、去る9月20日から22日の3日間、大阪市住之江区のインテックス大阪で開催された第1回【関西】照明EXPOに出展いたしました。

この展示会は西日本最大級のもので、世界中から「省エネ照明」「スマートライティング」「空間デザイン照明」といった様々な照明が出展する国際商談展です。設計事務所、照明デザイナー、工務店、ゼネコン、施主・施設管理者などの西日本の照明ユーザーに弊社製品を紹介する絶好の場となりました。約250社が製品を出展していました。

今回、紹介したサイネージは、高さ3メートル、幅4メートルの製品で、パネルのみならず、ソフトの開発も弊社が単独で行いました。
初日から、たくさんのバイヤーにブースを訪問していただき、好評を得ていました。


« 1 2 3 (4) 5 6 7 ... 22 »

共立電照のお知らせ アーカイブ
copyright(c)2012 株式会社 共立電照 All Right Reserved.