よくある質問

よくある質問(9) 蛍光灯とどこが違うの?
蛍光灯とどこが違うの?


蛍光灯と蛍光灯タイプのLED照明では、照度や消費電力で何が違うのでしょうか?


照度を測るための基準として、ルクス(lx)があり、ルクスはルーメン(lm)から算出されます。蛍光灯の方がルーメン(lm)が優れているように思われますが、蛍光灯は360度光を放っています。それに対して蛍光灯タイプのLED照明の場合は基本的には下を向いた下方光束となります。蛍光灯の新品時の光束が2500~3000lm(40W型)だとして、天井についている場合、机の上に降り注ぐ明るさは実際には1500~1800lmとなります。よって、この基準を満たす蛍光灯タイプのLED製品を選べばほぼ同じ程度の明るさになります。消費電力については、蛍光灯タイプのLEDに入れ替える事により、従来の蛍光灯に比べ約半分の20W程度になります。

copyright(c)2012 株式会社 共立電照 All Right Reserved.